宮崎県および都城市より立地企業としての認定を取得し、都城市安久町に進出

株式会社サポータス(本社:東京都千代田区)は都城市安久町に新たなデジタルコミュニケーションセンターを設立し、令和2年4月より事業を開始することといたしました。令和元年12月23日付けに都城市市役所にて立地協定調印式を行い、宮崎県および都城市より県、市の立地企業としての認定を取得しました。

当社は各種システムを利用し、企業の各種事務処理の簡便化、自動化を図るソリューション事業をメインとし、それら企業から派生するBPO事業、コールセンター事業により事業の拡大を図って参りましたが、今回宮崎県・都城市からの認定を取得し、都城市に新たな拠点を設置することで、地域と共に新世代に向けたより一層の事業拡大を目指します。

宮崎県、都城市内における人材採用、県内企業への事業ソリューションの提供を行う事により、地方創生の一助として行くこととしたいと考えており、将来は宮崎県発の九州全域、日本全国への発信が可能となるデジタルコミュニティセンターとする考えです。

1. 事業所名    株式会社サポータス 宮崎デジタルコミュニケーションセンター
2.事業所設置場所 宮崎県都城市安久町5023-1
3.事業内容    各種システムを利用した開発事業、AI、RPA開発支援、WEB開発、BPOセンター事業

PAGE TOP